常識は人の数だけある

新しいブログページをどうにかカスタマイズしようと、

試行錯誤で、時間ばかりかかる。

言語で画面を操作できるってすごいことだ。

ウェブのスキルを身に付けたいと思う。

全然思い通りになっていないけれど、

何とかブログらしい感じになった、だろうか…。

 

形になっていないものを形にする。

グラフィックデザイン作業の役割の一つ。

わたしは、決して天才でないし、実力があるほうではないけれど、

デザイナーと名乗らせてもらっているので、

「どうやって形にするのか」と聞かれることがある。

どうやってるんだろう…。

 

形にする上で考えることの一つ。

「多くの人が、そう思うであろう、という考えを想像する。」

例えば、暖かそうな色は、赤とか。

 

でも、多くの人がその時は、そう思っても、

時代と共に変わって、

いつだかの常識は、時を経て全く無意味なものになる場合もある。

 

昔は、青色は食欲を無くす色だと言われていた。

青色を見ながら食事をするとダイエットになるとすら

言っていたテレビ番組もあった。

しかし、今、青色の食器がたくさんある。

青色の食器に盛られた美味しそうな料理の画像をたくさん見る。

いつもお願いしている美容師さんと話しして、そういえば!と気付いた。

 

それに気付いて以来、

常識を信じすぎてはいけないと思うようになった。

常識は、人それぞれ、気持ちそれぞれ、感じ方それぞれ、

人の数だけあるのだ。

 

常識と非常識の狭間で揺れ動きながら、

思考や目的を形にする。

一生続くお勉強。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top