デザインのこと、生きること

soredemo

思うこと

浮き足立つ季節に浮き足立ちながらその時を迎えたい

投稿日:

頭の中で、ループしているコピー。

2016年の宝島者企業広告
「死ぬときぐらい
好きにさせてよ。」
詳しくはこちら

2年前の広告ですが、
これ以上に頭を離れないものがなかなかないくらい、
ビジュアル共々好きな広告です。

 

生きるのも、
いろいろとしがらみがあったり、
全くの自由を得るのは、
難しいことですが、
死ぬのは、もっと自由度が低い。
いつ、どうやって、どこで、
人生を終えるかなんて、
わかり得ないこと。

何個もある欲を
ひとつ言うとしたら、
春に一旦の終わりを迎えたい。
みんなが浮き足立つ春が好き。
浮き足立ちながら逝き、
遺されたものも、
浮き足立ちながら、
日常をすすむ。

死を考えることは、
生を考えること。
生の苦しみを
楽にするために、
死はあるのではないと
わたしは思います。

-思うこと
-, , ,

Copyright© soredemo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。