デザインのこと、生きること

soredemo

思うこと

胆振東部地震を経験して

投稿日:

胆振東部地震と名付けられた地震。
居住地の札幌は、震度6弱。
とても大きい揺れで、
なすすべもなく、
ただただおさまることを願うしか
できなかった。

まず、電気をつけようとすると、つかない。
外を見ると、信じられないくらいの暗闇。
広範囲で停電になったことを知る。
そして、水も出ない…。
断水。

信号の光も消え、
朝早くから交通整備をする警察の方々。
スーパーでは、元気よく、丁寧に、明るく、
大勢来る人々を接客している店員のみなさん。
見えないところでは、
電力会社や多くの行政の人たちが、
動いているはず。
ただただ、有り難く、
心から感謝の気持ちでいっぱいになった。

この地震を経験して、
備えは必ずいるのだと、痛感。

●水
●飲み物
●電池
●電気がなくてもできる料理、食べ物
●懐中電灯
●コンセント以外でできるスマホ充電器

絶対日常で常備しておくもの。

断水で一番助かった物は、
お風呂の残り湯。
このおかげで、トイレがとにかく助かった。

「備えが必要。」
ここ最近起こっている震災で、
言われていることだったが、
震災を経験していなく、
どうも人ごとにとっていた自分が
本当に恥ずかしい。

その日は、突然やってくる。
備えのつもりでとっておいた水を
「なかなか使わないから使おう。」と
使った途端に、地震がやってきた。

自然の脅威は、だれにも止められない。
何の選択の余地もなく、
あっという間に被害に遭う。
命をなくさないために、
生きるために、
気をつけて生きなければ、と思う。
そして、日常が一番の宝物だと、
普通でいられることに感謝する。

今回の地震で、
命がなくなる被害に遭われた方もいる。
心よりご冥福を祈ります。
命あるわたしたちは、
一生懸命生きなければと思う。

まだ予断が許さない状況とのこと、
どうぞお気をつけてお過ごしください。

-------------------------------

一日一行日記の商品の発送に際して、
地震の影響により、
運送が遅れている状況になっているそうです。
ご注文いただく際は、
大変申し訳ございませんが、
ご了承のほど、よろしくお願い致します。

-思うこと

Copyright© soredemo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。