デザインのこと、生きること

soredemo

思うこと

医療ケアを必要とする子どもたち

更新日:

これからの介護と福祉を考えるデザインスクール
に参加しています。
スクールの一環として、
インターンに伺える機会がありました。
伺ったのは、札幌市手稲区にある〈くまさんの手〉様。
人工呼吸器など24時間医療ケアを
必要とする子どもたちを対象として
通所・訪問ケアをされています。

とてもスタッフ間の雰囲気がよく、
業務は大変かと思いますが、
穏やかな時間が流れているようでした。

“普通”って何か、
よくわからないけれど、
マジョリティと定義するならば、
“普通”の子どもは、走り回って、
お菓子を食べて、テレビ見て、
自由に動いて、遊んでいる。

ここに通う子どもたちは、
医療ケアを必要とし、
マジョリティの子どもたちがしていることを
できないかもしれないけれど、
でも。
とても健やかに過ごしていて、
未来に向かって生きている。
そう感じました。
お誕生日会が行われ、
太鼓を叩かせていただきました。


※画像はいただきました。

医療的知識や福祉、介護の世界にいない者には、
直接的なお役に立てることは皆無かもしれないけれど、
そういう風にして生きている子どもたちがいることを
知っているのと、知らないのとでは、
何かが違うのではと思います。
みんなが暮らしやすい世の中のためには、
お互いを知ること、知ろうとすること、
想像することから始まるのでは
わたしは思います。

みんな生きていて、
命あることは素晴らしい。
そんな当たり前のことを、
通所している子どもたちに教えてもらいました。

24時間、人工呼吸器を必要としながらも、
一人暮らしをされている女性のご自宅にも
お伺いできました。
その時のことは、また別のブログで書きます。

-思うこと

Copyright© soredemo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。