デザインのこと、生きること

soredemo

思うこと

人工呼吸器をつけながら一人暮らしをする

投稿日:

先週になりますが、
参加している
これからの介護と福祉を考えるデザインスクール」の
一環として、
稲生会 くまさんの手]様に
インターンとして伺いました。
そして、24時間、人工呼吸器を必要としながらも、
一人暮らしをされている方のご自宅へ伺いました。
日頃から、
介護職の人が増えたら…という思いのもと、
学生やインターンに来る人たちと
お話しをされているそうです。

恥ずかしながら、
人工呼吸器をつけるということは、
どういうことか、からのスタートで、
お話しを伺いました。

その方は、生まれつき、
筋ジストロフィーと診断され、
数年前に一人暮らしを決意し、
そこから24時間人工呼吸器をつけているとのこと。

困っていることがたくさんあるのではないか、
なかなかできないことがあるのではないか、
想像力の足りないわたしは、
お会いするまでそう思っていました。

でも、お話しを伺うと、180度逆。
自分がしたいと思う未来のためには、
どうしたらいいかを考え、行動に移す力があって、
生きる力が満ちあふれているように感じました。

そして、絵がとっても上手!
ヘルパーの方が、入れ替わることが多いため、
誰が見てもわかるように、
介助の方法をイラストで描かれていました。
なんと、ラインスタンプを販売されています。
【ベリーちゃんとクロ】

https://store.line.me/stickershop/product/3977361/ja

潜在能力のある方。
何かもっと社会に出て、
活躍できる方法があるのではないか、
そんな気がしてなりません。

他人のことを知ろうとするとき、
目に見える事実以外、
あくまで想像することでしかできません。
過ごしてきた時間や感情など様々な思いを、
全て共有することは無理だから。
その想像も、
”自分の生きてきた価値観”という、
フィルターを通したものだと、
誤った方向の想像になる恐れもあります。

個人の立場でものを考えることは、
とても難しいけれど、
それでも、知ること、
知ろうと努力すること、
そして、
排除しないこと。
ユニバーサルな社会のために、
必要なのではないかと感じます。

本当に貴重な時間をいただきました。
この機会をいただいたすべてのみなさんに
心より感謝申し上げます。

-思うこと

Copyright© soredemo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。