デザインのこと、生きること

soredemo

思うこと

スーパーで娘がぎゃん泣きをした時のこと

投稿日:

スーパーで、4歳の娘が大泣きし始めた。

かわいい大泣きではなく、

場が騒然とする大泣き、ぎゃん泣き。

いわゆる”癇癪持ち”の娘。

しょっちゅう癇癪を起こす。

今日の癇癪の発端は、上の娘に”勝てなかった”こと。

そこから機嫌が悪くなり、

様々なことが重なっての大泣き。

 

 

なだめても泣き止まない。

たぶん、「うるせーな」と怒鳴っても意味がない。

泣き止むよう努力をどうすべきか、考えられない。

思考能力停止。

 

 

子どものぎゃん泣きを、

“すてきな音色”と捉える人は、

あまりいないだろう。

 

うるさくてごめんなさい。

本当にすみません。

でも、思考が停止しました。

ごめんなさい。

少しの間、お許しください。

 

 

と思っていたところ、

ひとりの女性が、「すみません」と娘に話しかけてきた。

「うるさいから静かにしてください。」

と言われるのかなぁ…すみません、ごめんなさい。

と思っていたら、

ティッシュをたくさん出して、

娘の涙を拭いてくれた。

突然のことで、「大丈夫ですよ。」しか言えなかった。

涙を拭いた後、何も言わずささっと去っていった。

 

ありがとうございます。

「ありがとうございます。」が言えなかったのが、

悔やまれる。

 

話をしたことがある人はもちろんのこと、

話をしたことのない人にも、

多くの人に許されて、

日々生かされております。

 

 

だけど、疲れたなぁ…。

 

-思うこと

Copyright© soredemo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。