北海道在住のグラフィックデザイナー、

佐藤志保です。

紆余曲折の人生の中、

デザインと出会い、今に至ります。

デザインすることは好き。

人と話すのは好き、ですが、

苦手な人と話すのは苦手。

集団が苦手。マイペースを乱されるのが苦手。

などなど、たくさん苦手なことがあって、

“生きづらさ”を感じながら、

ずっと、生きるって、死ぬって何だろうと

考えて生きてきました。

子どもが生まれて、一緒に暮らす中で、

“生きる”ことの大切さや

命が尊いものであることが分かりました。

でも、“生きづらさ”は正直、なくなりません。

それでも。生きなければ。

人生を全うしなければ。

そう思います。

命を軽く見ているのでは、という事件や

自分で死を選んでしまう年齢が低くなっていて、

本当に残念です。

自分自身でも、生きることについて考え、

もし、このブログを読んでくださる方で、

生きることに悩んでいる人がいたら、

“生きる”選択を続けて欲しい。

そう願っております。

デザインワークやデザインのこと、

日々思うことも書いていきます。